2007年09月24日

松竹梅の梅なのに

ホリエモンと食事に行く夢を見ました。

意味が分かりませんが。

何か、大学時代らしい。
421の教室(懐かしくない?外大ESSだったら)で、みんなで英語で会話中。
何だか知らんが、ガラガラと音を立てて、ドアが開かれる。
うっちー、不機嫌。

そしてそこには、イケメン(死語?)が。
そうです。
私の中で、何故かそれがホリエモン。
ほんまもんのホリエモンとはかけ離れたイケメン(死語。)が、扉から僕らをみつめている。

多分後輩の女の子が「キャー」とかいった。

どうやら、私の親友(かもしれない)のNちゃんをデートに誘いに来たらしい。
さすがNちゃん。可愛いだけある。
こんなイケメン(死語)で有名人のホリエモンが、デートに誘いに来たよ。

私はおどろいてたけど、Nちゃん笑顔で、

「興味ないから(鳩)」

みたいな。
ほいでホリエモン、悲しげな顔してる。

京都の料亭で既に予約取ってるから、行こう、とかいってる。
Nちゃん無視。
素無視。
完無視。

あまりに可哀想なので、私が、

「ちょっとはとりあってやったら?」

って言ったらNちゃん、

「じゃあみずほちゃんが行ったら良いよ。」

とか言い出す。

そしたらイケメン(死語)ホリエモンも

「じゃあ、行こうか。」

とか言い出す始末。

分かったー。って言って夜の京都の料亭に向かう私。
京都まで結構かかるはずなのに、夢なので一瞬で到着。
Nちゃんの代わりに来たためか、イケメンホリエモンは

「梅に変更で。」

って一言。
死にさらせ、って思った瞬間。
そこはたとえ相手が違っても松でいっとけや。
ていうかかえるなら私の前で変えるな!!
しかし、Nちゃんのオコボレでただ飯にありつけるので、文句はいうまい。
ちゅーか梅の癖に豪勢じゃねーかこのやろう。
旨そうなんだコンチクショー。
肉と海鮮が一緒くただぞてやんでい。

って思いながら完食。
お盆の上、何か流木とか流れ着いてる海岸並みに汚れきってるけど気にしない。

その間、イケメンホリエモン一言も発さず。
そして、食い終わると共に、タバコ吸いに出て行く。

むかついたので、あんなやつに奢られてやるもんかと思って、

「おかみさん。
 私、自分の分は自分で払います。」

って言ったら、おかみさんびっくりして、

「それは、やめとき。
 黙って奢られとき。」

とか言われる。
どうやら、とんでもなく高いらしい。

それでも財布を見たら2万円入ってたので(奇跡)、

「2万円くらいでしょ?」

って聞いたら、おかみさんだまって首を振った。

「え、でも…。
 まあ、私カード持ってるし。」

って言ったら、おばさん静かに、

「カードの制限、30万円くらいなんでしょう…?」

って言わはった。
え、何?

「そうだけど…。」

「黙って、奢られときなさい。」

そう言って、おかみさんは去りました。

イケメンホリエモン帰ってきて、無言で金をおかみさんにわたして、

「今日は楽しかったよ。」

って無愛想に言ってさっていきました。

嘘付け。二度と誘わないくせに。

って思いながら、帰路に着きました。

思えば、ピーチガールのジゴロの顔をしたホリエモンでした。

顔はとてもよかったです。
にきびの一つもありませんでした。
ていうかホリエモンの癖に、夢の中の設定はイケメン俳優でした。

どうして私は夢の中で位イケメンにちゅーしとかなかったのか。

そればっかり悔やみつつ、多分それはやつの名前がホリエモンで、それが私を思いとどまらせたんだろうという結論に至りました。

特に意味のない夢でしたが、妙に強烈でした。

梅の癖に…
30万じゃ足りないってどういうことだ。
posted by み〜ほ at 11:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | 夢紀 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。